スポーツ障害でお悩みの方

スポーツ障害でお悩みの方

スポーツに打ち込んでいるとスポーツ特有の怪我や故障をしてしまうことがあります。
捻挫や肉離れ、野球肘、テニス肘、シンスプリントなど様々な症状があります。
こころ整骨院では、様々な症状の発症原因や痛む場所を探し、治療します。また応急処置として、できることや日常生活を改善することで軽減できるストレッチなどの提案、身体の使い方のコーチングなど、治療はもちろん、怪我や故障の起こりにくい身体のづくり、使い方をレクチャーします。

スポーツ障害の症状の種類と応急処置の方法

以下の文は、皆様にわかりやすく説明しています。あくまでも応急処置ですので、それだけで解決せず、整骨院にお越しください。発症原因や痛む場所、治療法はこれだけではありません。一部の症状、一部の症例としてご参考にしてください。このような症状でも、重症な場合は各病院に受診して頂くこともありますので、ご了承ください。

オスグッドシュラッター病

膝の成長痛です。主に大腿四頭筋(太もも)の筋肉を使う競技、短距離やサッカーなどで発症します。正座が出来ず、膝の曲げ伸ばしで膝お皿の下に激痛を訴え、しこりがあるはずです。

自分で出来る応急処置
練習後はアイシングをし、四頭筋を弛緩させ、筋肉をほぐしましょう。

シンスプリント

歩くだけで脛骨(すね)の内側に痛みを感じます。主に下半身反復運動を行う、長距離やバスケットの選手に発症します。

自分で出来る応急処置
練習後はアイシングをし、すねの内側の筋肉をほぐしましょう。

野球肘・野球肩

野球の投球動作によって起こる肘や肩の障害を言います。痛みのあるまま、投球動作をやりすぎると肘の内側の筋肉、腱や靭帯を痛めます。

自分で出来る応急処置
練習後はアイシングをし、前腕の筋肉をしっかり弛緩させ、筋肉をほぐしましょう。あまりにも痛い場合は即、投球動作を中止し押さえた際の消えるまで安静にしましょう。。

足関節捻挫

ほとんどが内反捻挫(内側に捻る)です。外くるぶしの下くらいから腫れてきます。

自分で出来る応急処置
受傷後は必ずアイシングをし、お風呂で温めるのは控えてください。寝るときは足の下に座布団などを入れて出来るだけ足を高くして寝てください。受傷後1週間はお風呂の湯船につからず、ぬるま湯のシャワーで入浴してください。

肉離れ

主に、大腿(太もも)下腿(ふくらはぎ)に発症します。筋肉が緊張状態で急激に筋肉が収縮する事で起こります。ほとんどがブチッと断裂音があり、受傷した方の足では立てなくなります。

自分で出来る応急処置
必ずアイシングし、圧迫・固定を行ってください。 受傷後1週間はお風呂の湯船につからず、ぬるま湯のシャワーで入浴してください。

腰痛

急性あるいは慢性腰痛があり、背骨に沿って脊柱起立筋という筋がストレスを受けやすくなっています。また、多裂筋、腸腰筋などにもストレスがかかることが多くなっています。急性の場合は、アイシングあるいは冷シップ等で冷やし、安静にしましょう。慢性の場合は、筋肉を緩めてあげることが重要になります。お風呂などでゆっくり温めてストレッチなどをしましょう。ストレッチについてはこころ整骨院でご指導します。

ヘルニア

腰痛を持っている方は多いと思いますが、中には椎間板が突出し神経根を圧迫して痺れが出る場合もあります。数多くの治療経験を生かし適切な判断で治療方法を見つけていきます。
また、数多くの提携医療機関もありますので、精密検査を受けて頂くことも可能です。

自分で出来る応急処置
急に起こった腰痛の場合は、アイシングしてください。その後、筋肉をほぐしていきましょう。

テニス肘

バックハンド動作によって起こる肘の障害すべてを言います。主に野球肘の反対側(外側)の筋肉、靭帯を痛めます。

自分で出来る応急処置
練習後はアイシングをして、前腕の筋肉をしっかり弛緩させ、筋肉をほぐしましょう。

骨折・脱臼

骨折、脱臼の応急処置は整骨院でも可能ですが、治療は医師の同意のもと可能になってます。
数多くの骨折脱臼のスポーツ選手の現役復帰させた経験もあり、リハビリには自信を持ってます。
また提携 医療機関もありますので、精密検査を受けて頂くことも可能です。

自分で出来る応急処置
このような症状になったときは自分では対処できないので、受傷後アイシングをし、必ず受診してください。

インピジメント症候群

水泳・野球・バドミントンなど肩を挙げた状態から力を入れる競技で起こります。肩関節を90度以上挙げると肩関節前面に痛みを感じます。

自分で出来る応急処置
練習後はアイシングをし、肩関節周囲の筋肉弛緩、チューブを使用してインナーの筋肉を強くしましょう。

半月板損傷

柔道、サッカー、ラグビー、バレーボールなどのスポーツで、高所から飛び降りるような衝撃を受けたときに発生します。歩行痛、関節の腫脹、場合によっては嵌頓症状(膝に物がはさまり曲げ伸ばし

このような症状になったときは自分では対処できないので、受傷後アイシングをし、必ず受診してください。

こころ整骨院へのアクセスと診療時間

こころ整骨院 診療時間、診療内容をご確認の上ご予約・お問い合わせ下さい。
メールでのご予約・お問い合わせはこちら
↑PageTop